診療案内

治療の流れ

_当クリニックでの不妊治療の流れを簡単に説明します。

  • 初診

    問診、内診(超音波検査)および感染症検査、肝炎などの検査を行います。月経周期に合わせて不妊検査の一部を行なうことがあります。

  • 検査

    不妊治療の第一歩は検査をして、妊娠を妨げている要因がないかどうかを確認します。検査項目は、女性はホルモン検査、超音波検査、頸管粘液検査、子宮卵管造影検査、子宮鏡検査、感染症検査、子宮がん検査などです。男性の場合は精液検査が基本的な検査です。 また、卵巣の予備能を確認するAMH(アンチミュラー管ホルモン)検査やストレス評価であるAGES値を測定する場合もあります。

  • 治療

    検査をして不妊の要因がわかった場合は、その要因に合った治療をしていきます。たとえば精液中に精子がほとんど見当たらないという場合は顕微授精、卵管が詰まっている場合は体外受精といった具合です。しかし、要因はいくつか重なっていることや、実際に治療をしてみなければわからないこともあります。
    また、検査をしてもはっきりとした要因が見当たらない場合には、タイミング療法から治療をステップアップしていく方法や、不妊期間によっては体外受精が必要と判断されることもあります。
    ステップアップする目安としてはタイミング療法で3〜4周期、人工授精で3〜4周期など挙げられますが、年齢や治療歴、不妊期間などによって個人個人で異なります。
    当クリニックでは、それぞれの身体の状況に合わせて一番最適な治療(テーラメイド治療)を考えていきます。