婦人科・ピル処方

婦人科診察

婦人科検診イメージ

全ての女性の健康をサポート
無理のない受診で満足度の高い医療を提供。
患者様それぞれの疾患・ライフワーク、
ご希望に沿った治療を
提案させていただきます。

_婦人科診察

当クリニックでは患者様の個々の症状に合わせた診療を行っており、パーソナルドクターとしてサポートさせていただきます。
婦人科疾患の中には不妊の原因となるものもあります。
その場合、早期の発見と治療が重要となります。
気になる症状がありましたらご相談ください。

_子宮内膜症

子宮内膜症


子宮内膜症とは、子宮内膜が何らかの原因で、本来あるべき子宮の内側以外の場所にできる病気です。子宮以外で月経(出血)が起こってしまうため、ひどい生理痛や性交痛として症状があらわれます。
月経のたびに子宮内膜以外で出血を繰り返すため、卵管など腹腔内の組織同士を癒着させる原因になります。癒着で卵管が詰まっている場合、それは不妊の原因にもなります。
治療として、腹腔鏡で癒着をはがすこともできますが、進行する病気のため再発することが珍しくありません。また、薬で進行を止めようとすると、カラダとしては一時的に妊娠できない状態となります。
妊娠することによって内膜症の進行は止まります。ですから、場合によってはリスクをとって手術をするのではなく、強い癒着がある場合には特に最初から体外受精を行い、早期の妊娠を目指される判断も必要です。
治療法としては、最近では飲み薬、注射、点鼻薬などがあり、4~6ヵ月間程度の治療を続けると症状が改善されていきます。
薬の種類は、症状や年齢、ライフスタイルなどに応じて選択します。
子宮内膜症は、最近若い女性を中心に増えている病気ですが、きちんと理解して定期的に検診を受けていれば決してこわい病気ではありません。

_子宮筋腫

子宮筋腫


子宮筋腫とは、子宮の筋肉の中にできたコブのようなものです。
主な症状は、月経量が多くなること(過多月経)と月経痛の悪化です。その他に、月経以外の出血、貧血、トイレが近い(頻尿)、便秘などの症状を伴います。 卵巣から分泌される女性ホルモンにより大きくなるといわれ、せっかくの妊娠中に悪化することもあるので妊娠を考えるのであれば適切な判断が必要になります。
治療法としては、最近は手術以外に、薬の服用により卵巣から分泌される女性ホルモンを制限し、筋腫の成長を抑え、症状を軽減する治療やカテーテル治療で栄養血管を塞ぐことで筋腫を小さくする方法もあります。
ただし、治療によっては治療後の妊娠に与える影響もあります。まずはご相談ください。
子宮筋腫は女性に大変多い病気です。しかし、きちんと理解して定期的に検診を受けていれば決してこわい病気ではありません。
しかし、大きな子宮筋腫があるにもかかわらず治療をせず、何でもまず体外受精というのも間違ったアプローチだと思います。
筋腫の状態によっては着床の邪魔になりますし、先に述べたように妊娠中に子宮筋腫は大きくなります。
中で変性したり出血したりして、腹痛や流産、早産の原因ともなります。とりあえず、妊娠だけすればよいというやり方はお勧めできません。
それぞれの状況により適切な判断が必要です。まずはご相談ください。

_卵巣のう腫

卵巣のう腫とは、卵巣の中に水のようなものがたまり大きくなっている状態をいいます。まったく症状のないものも含めれば、成人女性の約20人に1人いるといわれています。
ほとんどは良性腫瘍ですが、約100人に1人は悪性(卵巣がん)とのデータもあり、早期発見が大切です。最近は、超音波検査と血液検査の腫瘍マーカーの組み合わせにより診断力が向上しています。早期の卵巣がんの診断も可能となりました。
超音波検査によって卵巣のう腫が発見された場合、血液検査で腫瘍マーカーを測定したり、必要に応じてMRI検査といったさらに詳しい画像診断を行います。
また、卵管に水が溜まる卵管留水腫では、これを取らずに体外受精をしても、着床しにくいことがわかっています。ですから、不妊症なのに卵管をとる手術をするという、一見、矛盾した治療を最初にする必要があります。
子宮内膜症性のう胞では、手術を行うことにより卵巣の機能が損なわれることがあり、妊娠を考えるときには手術のタイミングが重要です。
婦人科疾患としてだけの取り扱いと、不妊治療の観点からの治療の考え方はアプローチが少し違うことがあるので注意が必要です。
それぞれの状況により適切な判断が必要です。まずはご相談ください。

_性感染症など

性交渉によって感染する病気です。最近若い世代に増加の傾向がみられ、深刻な問題となっています。
心配なときには早めに検査を受けること、また感染している場合は、パートナーと一緒にすぐ治療を受けることが大切です。
感染症はほとんどの場合に自覚症状がなく、感染に気がつかないケースもありますので日頃から注意が必要です。適切な治療をせずに放置することは、将来的な不妊の原因にもなります。

クラミジア・淋菌 クラミジアと淋病は女性の性感染症の中で最も多い病気です。クラミジア・淋病は同時に検査を行うことができます。
子宮頸部に感染し、初期にはおりものが増加したり、不正出血がみられます。子宮内や骨盤などに感染が広がると将来的な不妊の原因にもなります。 感染が確認された場合は連続感染を防ぐために、パートナーと共に抗生物質を内服していただき同時に治療をすることが必要です。
トリコモナス膣炎 トリコモナスという原虫によって起こる性感染症です。
おりものの増加や悪臭がみられ、かゆみや痛み、また膀胱炎のような症状を伴うこともあります。
内服または腟剤によって治療します。
カンジタ膣炎 真菌(カビ)により起こる感染症です。
おりものの異常(白いカッテージチーズ様のおりもの)や強いかゆみがその症状です。体調や抗生物質の投与などにより免疫機能のバランスが壊れるとなりやすくなります。性感染症というよりは自己感染が原因のことがほとんどです。 腟剤とクリームを塗布することで治療します。
ヘルペス外陰炎 単純ヘルペスウイルスの感染で起こります。
小陰唇内側から腟の入口周囲に水泡ができ、その水泡が破れるとびらんになり強い痛みを感じます。抗ウイルス剤の内服や、外陰部へのクリームを塗布することで治療します。

_子宮頸がん検診

がん検診の目的は、がんを早期発見し適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。
子宮は洋梨を逆さまにしたような形をしており、上部のふくらんだ部分を体部、下の部分を頸部と呼んでいます。体部にできるがんを「体がん」、頸部にできるがんを「頸がん」といいます。子宮頸がんはHPVによる感染が原因といわれています。HPVウイルスはごくありふれたウイルスで多くの女性が一生に一度は感染するといわれています。感染しても必ずしもがんになるわけではありません。通常、早期の子宮頸がんには顕著な症状はみられません。定期的に検診を受けることで、細胞の異常を早期に発見することができます。早期のうちに発見して治療すれば、ほとんど治癒が望めます。20〜40代女性に多く見つかっており、20歳を過ぎたら定期的に検診を受けることが推奨されています。


_子宮頸がんになりやすい因子

  1. (1)初交年齢が若い
  2. (2)セックスパートナーが多い
  3. (3)多産
  4. (4)喫煙者
  5. (5)子宮内膜症が治る
  6. (6)経口避妊薬(ピル)の長期服用者
  7. (7)免疫系の低下 など

_中央区子宮がん検診について

中央区子宮がん検診