診療案内

一般不妊治療

一般不妊治療

きっと出会える新しい家族のために
お二人の絆を大切にしていきながら
かけがえのない未来のために

女性の身体はひとそれぞれです。
一人一人にとって最良な治療を受けることは、妊娠への近道です。
お一人一人の身体の状態を丁寧に診断し、それぞれにあったアプローチで心と身体に働きかける診療を提供いたします。

_自然妊娠(タイミング療法)

タイミング療法は、「最も妊娠しやすいタイミングに性交を行う」方法です。基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、効果的な性交渉のタイミングをアドバイスします。もっとも自然な妊娠に近く、お二人にとって負担の少ない不妊治療のファーストチョイスです。

年齢など個々の条件は異なりますが、まずは検査の結果、きちんと排卵があって、精液所見に問題がなければ、タイミング療法から治療をスタートすることをすすめます。

自分で基礎体温をつけることで、ある程度の排卵日を予測することはできますが、実際には排卵が自分の思っているタイミングと異なっていることもあります。生理不順が見られる場合などは特に正確に予測するのが難しいかもしれません。自分たちなりのタイミングによる性交渉でなかなか妊娠できないときは、一度指導を受けてみることをお勧めします。

自然周期によるタイミング法で上手くいかないときは、排卵誘発剤を併用して複数の卵子を排卵させ、受精の確率を高めることもありますが、なかなか排卵調節がうまくいかない場合には、体外受精を含めたステップアップを考えた方が、妊娠には近道かもしれません。

タイミング療法を行う場合、通常、次のような流れで行います。

  • これまでの月経周期や過去の排卵の様子から排卵日を想定します。

    過去の基礎体温のグラフより、低温期から上昇期の数日を排卵日と推定します。黄体の寿命は約14日ですので、月経周期が規則的で28日型の方であれば、おおよそ月経周期の14日目が排卵日になります。

  • 超音波検査で卵胞の成長をチェックし、排卵日をより正確に判断します。

    1.の排卵時期が近づいてきたら来院していただき、経腟超音波検査で卵胞の大きさを測定し成長をチェックします。自然周期の場合には、卵胞径が12mm程度になってからは、1日あたり約2mmのペースで成長し、卵胞径が18~22mm程度になると排卵されるので、あと何日で排卵するかを予測しながらフォローします。
    また、排卵期には頸管粘液の性状も変わります。排卵時期以外は、子宮内に細菌などが侵入するのを防ぐために子宮の入り口をブロックしている頸管粘液ですが、排卵が近づくと、精子を受け入れやすくするために透明でよく伸びる性状に変わります。

  • 総合的に判断してタイミング指導へ。

    このように卵胞の大きさ、子宮頸管粘液の性状など排卵するための条件が整ってきたら、ホルモン検査(E2,LH,P)を行い、全てを総合的に判断して排卵日を推定します。黄体形成ホルモン(LH)は、一般的に排卵の10~12時間前に分泌がピークになるため排卵予測の指標となります。ここで具体的にタイミング(夫婦生活)を取る指導があります。

  • 指導に合わせて夫婦生活をとる。

    必要があれば、排卵のタイミングがあっていたかどうかを後日超音波検査にて確認します。基礎体温の上昇も排卵があったかどうかの重要な手がかりです。黄体機能の評価である黄体ホルモン検査(E2,P)は、排卵確認後の指定した日に検査します。排卵があり、タイミングがあっていれば、あとは妊娠を待つばかりです。

  • 妊娠の成立

    妊娠5週に子宮内に胎嚢が確認されれば臨床妊娠と言われます。妊娠6週に心拍が確認されれば、おめでとうございます、妊娠成立となります。希望する産科施設へ御紹介いたします。

_タイミング法の費用

タイミング法にかかる費用は、個人個人で通院や検査の回数、薬の処方無などが異なるため一概には言えませんが、保険適用の範囲であれば、1回2,000~3,000円程度です。ただし、排卵日を予測するための超音波検査やホルモン検査を月に複数回受けたり、排卵を促すための排卵誘発剤を処方すると、保険適用外となる場合も多く、1~2万円かかる場合もあります。

_タイミング法からのステップアップ

タイミング法で妊娠できるかどうかは個人差が大きく、始めてすぐに妊娠する方もいれば、例え1年続けても効果が得られない方も珍しくありません。女性の年齢などにもよりますが、3ヶ月〜6ヶ月タイミング法を続けても妊娠しない場合は、不妊治療方法のステップアップを検討することを勧めます。又、治療と並行して随時各種の検査をしていきますので、そこでの結果によっては早めのステップアップをすすめる場合があります。

このように、タイミング法は、不妊治療のファーストステップで、排卵日をより正確に予測することで自然妊娠を目指す方法です。卵子の寿命は排卵から24時間程度で、そのうち精子と受精できるのは約6~8時間です。そのため、タイミング法はきめの細かい指導とツメが大切です。当クリニックではすべての人に安易に体外受精をすすめるのではなく、まずはタイミング療法を妊娠への基本戦略ととらえています。

皆様が、タイミング法での妊娠率を高めるためにも、十分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動といった規則正しい生活習慣を心がけ、すぐにでも妊娠しやすい体づくりをしておきましょう。私たちの体には元々、子を産み、遺伝子を次世代へと繋いでいく生物学的な繁殖能力が備わっています。妊活とは、妊娠するための活動というよりも、この妊娠力を活発にすることだと私は思います。

_妊娠力を高めるサポートを致します。

日常のストレスや不規則な生活リズム、栄養バランスの乱れた食生活などは、妊娠力を低下させ、不妊の原因となります。これらの改善は、自然妊娠力の活性化を高め、妊娠しやすい体づくりにつながります。

当クリニックでは、ストレスの指標であるAGES※の測定や女性の心と体に必要なサプリメントの提供、ファスティング、ダイエット(糖尿病予防)などを幅広く提案させていただきます。今後、皆様にもそのような場を提供できるよう色々な勉強会を企画提供していきます。※AGES:終末糖化産物と言われ、タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。ストレスの指標になると言われており、当クリニックでは、採血検査ではなく蛍光分光装置にて非侵襲的に痛みなくその場で評価することができます。

_人工授精(AIH)

人工授精(AIH)とは、受精の場である卵管膨大部に必要十分な精子を届けるため、精製選別した良好精子を子宮腔内に注入する治療法です。

人工授精(AIH)

タイミング療法での妊娠がうまく行かなかった場合や夫婦間での性交障害がある場合などに選択されます。受精・着床後は、自然妊娠と全く同じです。排卵日の推定は、タイミング療法と同じであり、基礎体温、頸管粘液性状、超音波による卵胞径計測、尿中LH、血中LH、E2測定などを参考に決定します。

当日は、精子をお持ちいただくか、当クリニックで精子を採取していただき行います。人工授精自体は、数分で終わる処置ですが、精子の精製に1時間程度の時間をいただきます。

自然周期で行うほか、クロミフェンやゴナドトロピンによる排卵誘発と併用する場合があります。原因不明不妊の周期毎の妊娠率はAIHのみに比べ排卵誘発を併用したAIHの方が高く、とくにゴナドトロピンを併用した場合が最も妊娠率が高いとされています。

もちろん排卵誘発を併用する場合は多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群のリスクが伴い、状況により中止となる場合もあります。又、調整後の総運動精子数が少ない場合には、顕微授精の適応となります。AIHを行う回数は、累積妊娠率のデータから4回程度と言われています。これ以降は体外受精へのステップアップを検討していくことが必要です。

_当クリニックでの一般不妊治療の取り組み

  • タイミング法
  • 人工授精(AIH)
  • 排卵誘発
  • ホルモン療法
  • 漢方医療
  • アンチエイジング医療