一般不妊治療

人工授精について

_人工授精とは

人工授精(AIH)とは、受精の場である卵管膨大部に必要十分な精子を届けるため、精製選別した良好精子を子宮腔内に注入する治療法です。
タイミング療法での妊娠がうまく行かなかった場合や夫婦間での性交障害がある場合などに選択されます。受精・着床後は、自然妊娠と全く同じです。排卵日の推定は、タイミング療法とほぼ同じであり、基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、AIHの日程を決定します。

_人工授精(AIH)の流れ

  • これまでの月経周期や過去の排卵の様子から排卵日を想定します。

    過去の基礎体温のグラフより、低温期から上昇期の数日を排卵日と推定します。黄体の寿命は約14日ですので、月経周期が規則的で28日型の方であれば、おおよそ月経周期の14日目が排卵日になります。

  • 超音波検査で卵胞の成長をチェックし、排卵日をより正確に判断します。

    排卵時期が近づいてきたら来院していただき、経腟超音波検査で卵胞の大きさを測定し成長をチェックします。自然周期の場合には、卵胞径が12mm程度になってからは1日あたり約2mmのペースで成長し、卵胞径が18~22mm程度になると排卵されるので、あと何日で排卵するかを予測しながらフォローします。
    また、排卵期には頸管粘液の性状も変わります。排卵時期以外は、子宮内に細菌などが侵入するのを防ぐために子宮の入り口をブロックしている頸管粘液ですが、排卵が近づくと精子を受け入れやすくするために透明でよく伸びる性状に変わります。

  • 総合的に判断して人工授精の予約へ。

    このように卵胞の大きさ、子宮頸管粘液の性状など排卵するための条件が整ってきたら、ホルモン検査(E2,LH)を行い、全てを総合的に判断して排卵日を推定します。黄体形成ホルモン(LH)は、一般的に排卵の10~12時間前に分泌がピークになるため排卵予測の指標となります。人工授精の日程を医師と相談して決定します。排卵誘発のための注射を併用して行うこともあります。

  • 人工授精を行う。

    (1) 人工授精当日は精子をご持参いただくか、当クリニック内で精子を採取していただきます。
    (2) 精液検査を行い、精子の精製を行います。1時間程度の時間をいただきます。
    (3) 精子結果をお伝えした後に人工授精を行います。

    ※必要があれば後日、排卵を超音波検査にて確認します。基礎体温の上昇も排卵があったかどうかの重要な手がかりです。あとは妊娠を待つばかりです。

  • 妊娠の成立

    妊娠5週に子宮内に胎嚢が確認されれば臨床妊娠といわれます。妊娠6〜7週に心拍が確認されれば、おめでとうございます、妊娠成立となります。その後は8週頃を目安に希望する産科施設へ御紹介いたします。

_排卵誘発を併用した人工授精

自然周期で行うほか、クロミフェンやゴナドトロピンなどによる排卵誘発と併用する場合があります。原因不明不妊の周期毎の妊娠率はAIHのみに比べ、排卵誘発を併用したAIHの方が高く、とくにゴナドトロピンを併用した場合が最も妊娠率が高いとされています。 もちろん排卵誘発を併用する場合は多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群のリスクが伴い、状況により中止となる場合もあります。

_人工授精の費用

人工授精にかかる費用は、個人個人で通院や検査の回数、薬処方の有無などが異なるため一概にはいえません。全て自費診療となります。 人工授精の費用は¥24,000となっています。 1回の診察(再診料と超音波検査)で¥3,000程度。人工授精の日程を決めるためのホルモン採血代で¥5,000程度かかります。また、上記に記載している排卵誘発のためのゴナトロピン注射は¥1,000程度かかります。
※金額については全て税抜き価格です。

_人工授精からのステップアップ

調整後の総運動精子数が少ない場合には、顕微授精の適応となります。またAIHを行う回数は、累積妊娠率のデータから4回程度といわれています。これ以降は体外受精へのステップアップを検討していくことが必要です。




_ホルモン療法について

ホルモン療法